論文はオペラ

むかしオペラは好きじゃなかった。
というのも、芝居だからである。

芝居は、ながながと書く。
論文も簡単なことをながながと書く。

ことばのもつ意味が希薄な人が書くためのものか‥‥?

チベット仏教の哲学書は、論文に似ているようで、似ていない。
すべてはひとつひとつの命題でできている。

平均律のような楽しさがある。
そこに宗教的な楽しさがある。

論文にはそれがない。
ただ論文を書くのが、私の仕事。
何とも残念でたまらない。

論文を書くのは、いつかやめたいと思う。
ただいま目の前の論文は何とか仕上げなければ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です