学者よ、発言を求む

我々チベット学者ははっきりいって怒っています。学問や歴史に口出しする政府はろくなもんじゃありません。もういいかげんにしろばかやろう。ソ連という親玉を失ったボンクラ息子、中国はやりたい放題、いいたい放題だ。誰かとめてください。

そもそもチベット側と中国側の対話のなかで大きなネックになっている「歴史的にチベットは中国の一部である」といったプロパガンダに客観的な学問を志す人間のだれが賛同できようか。同じことを言われたらどうするんだ、「歴史的に日本は中国の一部である」と一体誰が認めることができようか。それと同じことなんです。

国際チベット学会の関係者もいよいよ動き出しました。残念ながら日本はまだです。
http://www.tibetopenletter.org/

日本でチベット研究や仏教研究をしているみなさんに訴えたい。

我々こそが言論の自由を主張すべきです。学問というのは言論の自由がなければ何の発展もありません。チベット問題について口を閉ざすのではなく、みんなできちんと発言しましょう。人々の声、客観的な声、それを封じ込める社会に反対しましょう。ペンは剣よりも強しです。

みなさん何年間これまで学問をやってきたのですか。みなさん何年間チベットの資料で研究費などをもらってそれを学者人生の糧にしてきたのですか。チベット文字も読めない人ですら、立ち上っているじゃないですか。こんな時に発言しなくていつ発言するんでしょうか。

2008-03-28

拝啓、日本政府様

ラサで起こった中国軍によるチベット人への非人道的な大量虐殺は、幸い日本のメディアでも大きなニュースとして取り上げられている。

このような事件が起こるのには原因があり、それはこれまであまりにも中国政府が一方的なひどい圧政を繰り返していることにほかならない。メディアは今回何人死亡者がでたのかやっきになって調べているようだが、実はこれまでに殺された人々の数を考えればものの数ではない。

しかしこの一連の事件を見ているときに、一番がっかりしたことがある。

それは私たちが支えている、この日本政府のことだ。

ラサにいる日本人の保護を日本政府は中国当局にお願いしたそうだ。中国にとってはいやな面もあってもチベット人たちは自国の国民である。その自国の国民を装甲車で踏み殺して平気な顔をしている国家に、「でも日本人だけは助けてあげてね」とでもいったのだろうか。まずは自分たちで彼らを何とかしようとか思わなかったのだろうか。

我が国のこの問題に対する立場としては、「関係者の冷静な対応」「早期にかつ平和裡に沈静化すること」を願っているらしい。もちろん、このこと自体は悪いことではないが、そもそもこれができていればこんな事件は起こるはずはないのである。これができないからこそ、こんな事件が絶えず起こっているのである。そんなこともわからないのだろうか。抜本的な解決がなくして、こうした問題が解決することはあり得ない。

最近福田政権になってから親中政策が続いている。餃子に毒をもられても、チベットで大量虐殺が行われていても、チベット人大虐殺の張本人である胡主席のご来日と新たな日中平和友好条約を結ぶことの方が大切らしい。

チベットは大国の経済戦略、アジアでの覇権争いのなかで国を失い、路頭に迷ってしまった。そして人々はいまもなお殺され続けている。そして何とも悲しいかな、我々日本政府はそんな状況をいまでも繰り返して、罪もない「自国民」に銃口を向け続けている国となかよくしたいと思っているのである。

2008-03-17