生命のリアリティを取り戻す

気がついたら長い間学会に出かけていき、自分の研究発表をしないで怠惰な生き方をしていた。自分の研究を発表するのではなく、長く多くの人がよりよい研究をこの地上に残してくれるための仕組みをつくることが自分の仕事であって、自分のつまらない研究を発表する必要はそれほど意味のあることではないと思ってきたからである。

しかしながらしばらくの間、何も研究発表をしないでいるうちに、若い人たちがそれなりに工夫をしたり、また諸先輩方がまじめに研究発表を続けているのを見ていると、やはり自分も何かたまには発表してみた方がいいのではないか、と思うようになり、友人たちに相談したら、たまには何かやってみてはどうかという意見が多かったのでとりあえず応募してみることにした。

近年人類学系の学問をやってきた若手研究者が意欲的な成果を発表している。しかし、私の場合には、もっと深くコアな人たちと関わってきた。そして他の人があまり聞いたことのないような素晴らしい話とものがたりを耳にしてきた。その物語をすべて文字として記録することに、それほど意味があるとも思えない。しかしながら、彼らが私に伝えようとしてくれた大切なこと、それを私も少しは文字に記した方がいいのかもしれないと思う。

10年くらいのんびり暮らしているうちに、過去の偉人たちの言葉が失われていることにも危惧がある。そこでまた自虐的な行為であるとは思いつつ、自分のもっとも苦手なことに取り組むことにしてみたい。

2018-09-01

コメントを残す